FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月12日。曇り時々晴れ夜になって雨・・・・・。昼間は久しぶりの晴れ間が広がりました。気温も上がって20度超えです。午後8時頃はまだ暖かかったのですが、その後うたた寝をしていたら寒気を感じてセーターを着込んでしまいました。実は完全に暖房を切ったのは今日で、いつもの年より2週間は長く暖房を使っていました。それでも昼夜の寒暖の差がものすごく大きいような気がします。地球温暖化の中なんでこんなに寒いのかな?

前回の更新が5月24日ですから、3週間近くも更新しなかったことになります。気が付けば札幌の街はあの「YOSAKOIソーラン祭り」が始まっています。例年この祭りの頃の札幌は強烈な日差しが照りつけ、気温も25度を超える日が続くという気候なのですが、今年はずっと雨でよくても曇り。あの祭りと銘打った人為的イベントにそろそろお天道様も飽きられたのかもしれません。

それにしてもずいぶんと長い間このブログの更新が滞りました。その理由は体調不良という部分が10%くらいで残りの90%は別のことに時間をとられていたため・・・ということであります。その別のこととは、大半が音楽制作関連のことなのですが、しかしそれは具体的な制作活動ではなくて、制作のための環境作りといいますか、準備作業に追われていた次第です。

この間CM音楽制作の話があって、久しぶりに創作をしたのですが、その仕事自体は結局実を結ぶことはなかったものの、それが契機となって、もうちょっと制作環境というかクオリティを上げる必要性を感じました。小生の場合は、Desk Top Music(DTM)と言われる手法で、一口で言えばコンピューターを中心とした制作環境なのですが、それは今から10年前、Windows98の時代に構築したものでそれを今でも引っ張っているわけです。しかしPCの進化は凄まじく、それに伴いDTMソフト面の進化も目を見張るものがあって、10年前の制作環境では到底出来なかったことがどんどん可能になってきました。小生はしばらく制作活動から離れていたので、其の辺の変化をあまり切実に感じることはなかったのですが、いざ制作を再開してみると、気になって仕方なくなりました。

制作環境がどうあれ、結局のところ音楽の魅力はひとえに楽曲自体のクオリティであり、演奏内容のクオリティなのですが、DTMの場合はそれとともにどうしてもコンピュータの「音」ではなく生楽器の「音」にどう近づけるか、コンピュータの「演奏」ではなく生楽器の「演奏」にどう近づけるか・・・・というのが小生の場合大きな課題になっていて、コンピュータの進化で其の辺がどうなっているかをずっと調べていました。

資金面で余力があれば、どんどんコンピュータ(ハード)もソフトも新しいものに買い替えていけるのですが、今の小生にとってはそれは夢物語で、今使っている自分のコンピュータや機材に付加する形で利用できるフリーのソフトや音源をひたすらネットで探し回ってたわけであります。そしてそれらの使い方を勉強し、実際使い物になるかをテストしていました。というわけで、ハッキリ言ってほとんどの時間がネット検索とネット経由での勉強に費やされました。このようなフリーソフトはほとんどが海外のもので、サイトも当然英文。これだけ大量の英文を読んだのは、おそらく大学卒業以来初めてのことだったのではないかと思います。

こんなことをしていると、時間はあっという間に過ぎてしまいまして、目も疲れれば頭もクタクタ・・・・。というわけでブログに取り掛かる余力は無くなってしまったという次第であります。

久方ぶりに更新すれば、こんな言い訳みたいな話になってしまいました。みなさんDesk Top Music(DTM)のことなんかあまり興味ないかもしれませんが、現代の音楽の制作環境やそれによって生み出されている実際の音楽のことについて思うところをまたお話しすることもあるかもしれませんが、その際はまたお付き合いください。


Secret

TrackBackURL
→http://fgmc.blog87.fc2.com/tb.php/233-f2f492ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。