FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月15日。いよいよ師走も半分過ぎましたね。昨夜の雪はやはり15センチくらい積もりましたが、今日から日中の気温が再び上がってくるようで、週末までにはまた溶けきるかもしれません。

では昨日に引き続き懐かしの洋楽、ご当地ソング第4弾。

ビージーズの「マサチューセッツ」とくれば、当然この曲。
1967年 スコット・マッケンジー 「花のサン・フランシスコ」

SMckenzee01.jpg

「マサチューセッツ」の主人公の若者がヒッチハイクで東海岸から西海岸へ行こうとした・・・・。それは1967年サン・フランシスコで開かれていた若者の大イベント「Summer Of Love」に参加してみよう・・・・ということだったと思います。その「Summer Of Love」の賛歌でありテーマ・ソングとなったのが、この「花のサンフランシスコ」でした。

この曲の作者は「夢のカリフォルニア」で有名なママス&パパスのジョン・フィリップス。そして歌ったのが幼なじみのスコット・マッケンジーでした。誰もが一度は耳にしたことのある名曲ですね。

1967 SCOTT McKENZIE 「SAN FRANCISCO」


いつもどおり音質優先でこの動画をセレクトしましたが、スコット・マッケンジー本人の動画もあります。

Youtube動画 : Scott MacKenzie - San Francisco 1967

1960年代末のアメリカの若者文化はヒッピーの存在を抜きに語れません。泥沼化するベトナム戦争、それに対する反戦・平和運動。また諸々の社会的規制や差別への抵抗として、平和と愛を求めて定職に付かず、自由放漫な暮らしをするのを良しとしたヒッピーたち・・・・・。

1967~8年、サン・フランシスコを中心にして、この反戦平和と自然回帰を謳ったヒッピー文化(フラワー・ムーブメント)が若者に広がりを見せていたこの時代、サン・フランシスコに行く時は、髪に花飾りをつけていくようにと歌ったこの曲は、当時の学生を中心に大ヒットしました。

音楽的には「フラワーロック」という形で、60年代中ごろから後半サン・フランシスコを中心に盛り上がりを見せました。それは「愛と平和」のこのフラワー・ムーブメントから生まれたヒット曲の数々・・・・・。
ダンヒル・レコードのルー・アドラーがプロデュースしたバリー・マクガイア、ママス&パパス。
 
しかし、ヒッピー文化は麻薬という負の側面を拡大させたことも否めません。昨今日本でも学生の大麻所持・栽培・吸引が大きく取り上げられて問題になっていますが、この時代のアメリカの学生の多くが大麻を経験したのかもしれません。

話を楽曲に戻しましょう。何と言ってもこのゆったりとしたテンポとメロディの流れは、しっかりと大地を感じるような安定感があります。そしてスコット・マッケンジーの声量豊かで柔らかなヴォーカルが実に曲にマッチしていて非常に心地よく、ストレートに小生の耳に飛び込んできます。ファースト・メロディとブリッジのようなセカンド・メロディから成るシンプルな曲なのですが、途中から入る手拍子もなかなかオツなものですし、特に最後のコーラスのセカンド・メロディからファースト・メロディへ戻るときの何ともいえない高揚感はなんなんでしょう? これはジョン・レノンの表現した「Love and Peace」とはまた別の形の表現なのかもしれませんね。

リアルタイムでは、小生はこのフラワー・ムーブメントなるものを知りませんでした。何となくヒッピー文化と言うものがある・・・・という認識くらいしか持っていなかったように思います。いずれにせよもう40年も前の話なんですもんね・・・・・。でも、アメリカはまだ戦争をし続けていますが・・・・・。

サン・フランシスコのご当地ソングと言えば、小生の頭に真っ先に浮かぶのは、トニー・ベネットの「I Left My Heart in SanFransisco 邦題:想い出のサン・フランシスコ」なんです・・・・。この他にも「霧のサン・フランシスコ」なんて曲もあったような・・・・。行ったことはありませんが、やっぱり歌になる土地なんでしょうねえ。

あ、そうそう。最近(でもないか・・・・)小生がサン・フランシスコから連想するのは、あのテレビ・ドラマ
「フル・ハウス」であります。ミシェル役の双子の姉妹、アシュレーとメアリーケイト・オルセンちゃんが可愛いかったです。入れ替わってダブル・キャストで演じていたようですが、小生なんぞはどっちがどっちだか全く分かりませんでした。でも今やこのお二人全米屈指のお金持ちらしいです。天才子役でなんぼ儲けたんだか・・・・・。苦笑い

Secret

TrackBackURL
→http://fgmc.blog87.fc2.com/tb.php/134-3d5532ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。