FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月30日 曇りのち午後遅くから雪。暖気はそろそろ去っていき、また寒さがもどってきたようです。
今日の午後は例によって「たかじんの そこまで言って委員会」を見るともなしに見ながら、ダラダラとつまらない本を読んでいたのですが、午後3時くらいから急に暗くなったかなと思って、ふと窓の外を見ると、一面真っ白になっていました。

で、本日のデタラメ五・七・五
「静寂に 気付けば一面 銀世界」


さてさて本日もいきます60年代ポップス・非英語編第七弾(いやあ結構引っ張ってますなあ・・・・)。
今回もイタリアン(カンツォーネ)・ポップスで、1966 Wilma Goich 「In Un Fiore 邦題:花のささやき」

WilmaGoich01.jpg


ウィルマ・ゴイクは、1945年10月16日に北イタリアのサヴォナ近郊のカイロ・モンテノッテ生まれ。1963年9月スペインのバルセロナで開かれた地中海フェスティヴァルにエミリオ・ペリコーリをパートナーとして、「愛のめざめ」を歌い優勝します。この曲が日本でのデビュー曲になりました。そして1965年には「花咲く丘に涙して」でサンレモ音楽祭で入賞。翌1966年の同音楽祭でも「花のささやき」で入賞し実力を確固たるものとします。

彼女の曲は日本でもヒットし、1965年にはボビー・ソロと一緒に、1967年にはヤマハの世界歌謡祭出場で来日しています。その澄んだ声と穏やかで柔らかな可愛らしい唄い方で人気があったようですね。

まずは聴いてやってください。

1966 Wilma Goich 「In Un Fiore 花のささやき」
これまた再生ボリュームが大きめなので、音量にはご注意ください。




いやあ いきなり最初のイントロがギリシャ風というかトルコ風というか・・・・。アングロサクソン的ではありません。そして基本的なリズムが、「ドン|チャチャ|ドン|チャ || ドン|チャチャ|ドン|チャ」 やっぱり時代を感じさせますなあ。

さてウィルマ・ゴイク嬢、その後1967年もサン・レモ音楽祭で「ささやく瞳」で入賞しました。また同じ1967年には、夏のディスク・フェスティヴァルで「夜の想い」が3位に入賞し、大ヒットしています。そしてこの1967年にエドアルド・ヴィアネロという男性歌手と結婚。そして1969年にサン・レモ音楽祭で歌った「パーチ・パーチ・パーチ」を最後に引退しています。

この引退は出産のためでした。その後ウィルマは<ヴィアネラ>としてカムバックし、夫とデュエットで歌手活動を再開したのですが、このコンビもしばらく続いただけで離婚のため解消し、再びソロ歌手として再出発したようです。ただその後は日本でヨーロピアン・ポップスへの関心がガクンと落ち込んでしまったこともあって、情報もほとんどなくなってしまったようです。

そういう意味で、彼女の活躍の程は短期間でしたが、カンツォーネ・ファンばかりでなく、オールディーズ・ファンを中心にいまだ日本では根強い人気があるようですね。

小生は正直リアルタイムで聴いた記憶がありません。この曲もまたYoutubeで昔の曲を探していたときに、「ん? どこかで聴いたことある・・・・」ということでピックアップしたものです。という次第でこの曲から思い起こされる直接的なエピソードは残念ながら浮かんできません。

ただこの時期(60年代いっぱい)くらいまで、サン・レモ音楽祭やユーロビジョン・ソング・コンテストなどポピュラー音楽のコンテストが花盛りで、そこでお披露目された曲がどんどん日本に入ってきていたという印象があります。その発想の延長で、日本でもヤマハが世界歌謡祭を開催するようになり、さらにポピュラー・ソング・コンテスト(通称ポプコン)へと繋がっていったんですねえ。

そしてこれらのコンテストに入賞し電波に乗ることが新人ミュージシャンがメジャーデ・ビューを果たすひとつの登竜門になっていきました。その一方でもっと歌謡曲的なるものとして、あの欽ちゃんのオーディション番組「スター誕生」があったんですな。ある意味素人が音楽の世界に入っていきやすい環境がだんだん整ってきた時代だったのかもしれませんね。


Secret

TrackBackURL
→http://fgmc.blog87.fc2.com/tb.php/121-ba6c97b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。